ドメインとはインターネットにおける住所で、サイトを運営するにあたり必ず使うものです。ドメインは最安値で年間500円~で取得することも可能です。また実績のあるドメインは高値で取引されることもあります。

ドメインについて基礎知識を勉強している女性

ドメインはdns設定とdirect感が大事

ドメインはとても簡単に取得、運用ができるようになっています。しかし、ただ、取得してDNSサーバーに設定しても効果が出ない場合も少なくありません。重要なことはdns設定を的確にし、サイトをdirect感で満たすことです。
dns設定についてはWebやメールなど用途に合わせて設定していきますが、DNSサーバーを直接建ててもよいですし、業者のサービスを利用しても構いません。利用するDNSサービスによって価値は変わらないからです。ただし、dns設定については注意したいポイントがいくつかあります。1つは間違わないことです。WEBに繋がったから問題ないではなく、無駄な設定をして検索サイトからの評価を落とす場合も少なくありません。とくにアスタリスクなどを使ってすべてのアクセスを集める場合は要注意です。必ず用途別にアクセスを設定することが重要です。サブドメインの設定は面倒な部分もありますが、使い勝手だけではなく、検索サイト側の評価が変わってくるので注意が必要です。IP分散を利用しない場合は特に設定が重要です。2つめは中古ドメインの利用です。誰かが使っていたドメインをもらったり、買ったりした場合でも普通に使えるのですが、検索サイトの評価がかなりことなります。新規のドメインと同じ扱いになってしまう場合が多いですが、中にはスパム扱いされて何もしていないのに評価がマイナスということもあります。中古であることを示さない販売業者も多いですから注意したいところです。年齢や過去のサイトの状況は無料でチェックできるサイトが沢山ありますので必ず購入前のチェックが重要です。特にメールアドレスでブラックリストに載っている場合はスパムメールとしてメールクライアントに扱われることも多いのでネットショップなどで利用するのはご法度です。サイトの場合はスパム判定されてもコンテンツやSNSでの評価で改善することもありますがかなり難しいので注意したいところです。マイナスな面が多い中古物件ですが、良い点もあります。それは被リンクがそのまま活かされることです。良いリンクがあり、ヤフーなどのカテゴリ登録制のサイトにあるサイトなら内容が違っていてもそのまま活かされることが多いです。もちろん、検索サイトではコンテンツも見ますのでまったく違う内容では評価が下がることもありますが、被リンクなどが生かされますので徐々に評価は上がる傾向が強いサイトとなります。

上へ戻る