ドメインとはインターネットにおける住所で、サイトを運営するにあたり必ず使うものです。ドメインは最安値で年間500円~で取得することも可能です。また実績のあるドメインは高値で取引されることもあります。

ドメインについて基礎知識を勉強している女性

ドメインに新しく「.tokyo」が出来ました

.tokyoドメインが自分のビジネスチャンスなのでは?と閃く男性基本的にドメインの種類によってseoに有利、不利ということはあまりありません。サーバーから借りるのか独自で取得するのかという種類に関しては有利、不利があるのですが、「.com」、「.jp」などに関しては優劣がないということです。しかし、例外があって、それはドメイン名そのものが検索ワードに入ってくる場合です。当たり前ですがブログやサイトのタイトルだけでなく、検索者が検索したワードがドメイン名に含まれて入ればseoでは有利になります。しかし、「com」や「jp」と検索する人はそれほど多くないでしょう。しかし、「tokyo」に関しては大きな可能性があります。また一目で東京のサービスであるとわかる点も良いです。なにより大きいのは東京オリンピックでしょう。外国人が「tokyo」と検索すればヒットしやすいのです。これはラッキーでしょう。すでにサイトを運営している人はいまさらこれに変更するのは今までの被リンクやseoでの地位が無駄になるので考え物ですが、これからサイトやブログを作成する人にとってはチャンスになる可能性があります。英語のサイトを作るのもオリンピック効果を考えればありでしょう。オリンピックが好きな人は今から英語で「tokyo」と検索している可能性が高いので、すでに引っかかる可能性も高いです。またインターネットの最大のメリットは、場所に関わらずに情報を収集し、配信できることです。普通の人が本や人間同士の会話で得られるよりも圧倒的に広い範囲での情報が得られるのです。個人情報やマイナー情報は別にして、概念的なことから先人たちの知恵まで含めて一般的なことはほぼネットで入手できます。そして、濃い内容も一部は入手できます。さらに、英語を使えればよりチャンスが広がるのです。ネットでの情報収集にしても、ネットビジネスにしても、英語でやれば世界に対して間口がもてることになります。日本人の人口は1億人そこらですが、世界の人口は60億を優に超えます。それらすべての人が英語を使えるわけではないのですが、日本語の人口の何十倍もの人口がいます。この「tokyo」のドメインにはそういったヒントが隠されています。東京オリンピックを楽しみにしている外国人に対してのビジネスチャンスです。飲食店なんかは今からこのドメインでも準備しておけば、オリンピック開催前にも集客できる可能性があります。これはなんとも幸運です。

ドメインを維持するためのコスト

ドメインの運用が自分が考えていたより安価で驚く男性ドメインを維持するためのコストは安いです。無料ブログのものを借りればただですし、レンタルサーバーのものを借りればレンタルサーバー代だけです。また、独自のものを取得したとしても、年間に数十円から数千円程度です。そう考えるとサイトの運営はほとんどただなので、これを使わない手はないという感じになるでしょう。実際グーグルもそれを歓迎していて、どんどんいろんなサイトができています。しかし残念ながら多くのサイトは優良なものではなく、本当に良いものはごく一部です。ごく一部と言ってもいっぱいあると思うかもしれませんが、検索エンジンに出てこないようなサイトが山ほどあるのです。グーグルは優良なサイトから表示していくので、普段そうでないサイトは目につかないのです。そして、グーグルはこれらのサイトをクローラーというロボットを巡回させることで評価していきます。この評価が高ければ検索エンジンで上位表示されるのです。しかし、いくらコンテンツが優良でも、クローラーに評価されるまでには数カ月かかるのが一般的です。これはやはりサイトの数が膨大だからクローラーが巡回するのに時間が掛かるためです。当然一回巡回しただけですぐさま評価するのではなく、何度も巡回し、更新頻度やその他のさまざまな判定をアルゴリズムによって行い、決定していきます。この基準の数は数百におよび、また日々アルゴリズムは更新されています。そのためこのアルゴリズムの動きを追っても仕方がないです。そしてもう一つ巡回されるまでに時間が掛かる原因は、グーグルのクローラーは一度高い評価をつけたサイトを重点的に回るからです。このことは現実世界の取引でも同じなのでイメージがつくかもしれません。良い取引先の商品などは、またより良いものを出してくれることを期待してまた見ることになります。人間の好奇心は限定的で、まったく未知のものよりも一度見たものについてより知りたいと考えます。半歩ずらしの好奇心のような感じです。グーグルもそれをわかっているので、人気のあるサイトの情報をキャッチしにいきます。そして、他の検索ワードでもそのサイトを上位表示させて、より多くのユーザーの満足度をそのサイトで満たすことができないかと考えます。一から新たに優良なサイトを探すよりは、もともと優良なサイトで、新たなユーザーのニーズを満たす方が効率的なのです。要するに検索ワードの選定を考えるだけだからです。

上へ戻る