ドメインとはインターネットにおける住所で、サイトを運営するにあたり必ず使うものです。ドメインは最安値で年間500円~で取得することも可能です。また実績のあるドメインは高値で取引されることもあります。

ドメインについて基礎知識を勉強している女性

ドメイン取得の前に考えたいルーティングと相互リンク

ドメイン取得に伴いルーティングと相互リンクを考える男性
ウェブサイトを構築する際に重要となるドメインですが、設定してしまうと後から修正しづらいのがルーティングと相互リンクです。ウェブサイトは検索サイトに評価されないと存在しないのと同じと言われるほど検索サイトでの評価が重要です。そのためさまざまな手法を用いてウェブサイトの価値を上げようとしますが、そのときによく使われるのがルーティングと相互リンクです。これらはバックリンクとも言われ、ウェブサイトが他のウェブサイトからも注目されているということを示す指針となります。バックリンクが多いサイトは一般的に重要性が高いサイトとして認知され、検索エンジンでも上位表示する指針の一つとなっていると考えられています。そこでサーバの台数を揃えられる場合に多数のウェブサイトを利用してルーティングを行いバックリンクを擬似的に増やす方が増えています。その際、重要となるのが主たるウェブサイトの選定です。最初から決めて設定しないとうまく相互リンクによるルーティングが意味をなさないことが多くなっています。また、予想外にサテライトサイトが注目されてしまうケースもあり、予想したPVを集められないケースも増えています。そこでサイトの構築前に適切な設計が重要となるのです。設計については主に2つのポイントがあると言われています。1つはカテゴリの選択です。ウェブサイトはマルチなカテゴリよりも単独のカテゴリで特化したほうがPVが集めやすいと言われています。また、検索サイト側の対応も単独カテゴリで充実したウェブサイトのほうが評価が高いと考えられています。そこで主たるウェブサイトのカテゴリをしっかり定め、サテライトサイトについては関連カテゴリでまとめていくとよいと考えられています。まったく異なるカテゴリもリンクは有効ですが、それほど効果が高くならないと考えられてきており、主流となるのは関連カテゴリで記事を集めることと考えられています。2つめは記事の多さです。実際のウェブサイトの価値は記事の多さよりも質と言われることが増えています。ツールで作ったかのような記事では検索サイトに響くことは少なくなっており、重要になっているのが適切な文量と記事の質です。サテライトサイト側の記事については手を抜いておくことが重要ですが、主たるウェブサイトの記事よりも評価されてしまった場合は注意したほうがよいです。キーワードとの兼ね合いもうまくいったサイトですから主たるサイトへグレードアップすることも重要になってきます。

上へ戻る