ドメインとはインターネットにおける住所で、サイトを運営するにあたり必ず使うものです。ドメインは最安値で年間500円~で取得することも可能です。また実績のあるドメインは高値で取引されることもあります。

ドメインについて基礎知識を勉強している女性

激安ドメインとWIXIの関係について

ドメインは新規に取得するものだけではありません。WIXIなど中古物件を扱うサービスも増えてきており、新規ウェブサイトでも中古ドメインの活用が進んできています。中古物件を利用する理由はいくつかあります。古くはアルファベットの並びが良いからと利用され、その後、検索サイトでウェブサイトの評価を引き継げることがわかったことで中古物件への注目が一気に高まりました。しっかりとポイントを踏まえて中古物件を探すことで新規サイトでも高い評価を得て、検索順位がいきなりトップにたつというウェブサイトも少なくないのです。中古ドメインは激安のものから100万円近い高額のものまでさまざまです。中にはオークション形式で販売されるケースも多くなっており、WIXIなどでも多数の中古物件が扱われています。これらのドメインは移管することもできるので好きなレジストラで管理し、すぐにウェブサイトに適用できます。ただし、売られているドメインだから使えるとは限らないので厳しくチェックしておきたいです。1つ目のポイントは検索サイトでの評価です。検索サイトで実際に検索してみるとよいです。すると登録されているインデックスが表示されます。表示されないとそもそも検索サイトに評価されていない物件であり、ウェブサイトで利用しても評価0からスタートとなります。また、インデックスがない場合はメールのブラックリストも検索する必要があります。メールアドレスはスパムメールなどを多数配信するとブラックリスト化されてしまうケースがあります。ブラックリスト化されると検索サイトでもインデックス化されないケースが多いです。また、ウェブサイトでの履歴をチェックしてみるとよいです。無料でチェックできるサービスが多数あり、登録されてからどのようなウェブサイトで利用されてきたかが分かります。キャッシュも用意されていることが多いので実際のサイトが分かることが多いです。履歴が多数あり、しかしメールのブラックリストに載っていない場合は何らかのペナルティを検索サイトから受けている可能性が高いです。新規のウェブサイトで使えないことはありませんが、検索結果に表示されない期間が長く続くことが多いのでできれば利用しないことをおすすめします。また、メールのブラックリストに載っても検索サイトでインデックス化されるウェブサイトも多いですが、ブラックリストに載るとセキュリティソフトで危険なサイトとして表示されてしまうことも多いので注意が必要です。

上へ戻る